審査で気をつける事

即日審査サービスとはいえ基本的な部分は通常のキャッシング審査と同じです、特定の審査項目を満たすことで審査に受かる可能性は高まりますし逆にある条件を満たすことで審査に必ず落ちてしまう場合もあります。(>即日審査で素早くキャッシング)審査申込みの前に今一度審査項目や審査基準をおさらいしておきましょう。


即日審査のやってはいけない

即日審査を含むキャッシングの審査では所謂「禁則事項(タブー)」が存在し、これに抵触している事でまともに審査してもらえなくなります。例えば申込み情報に嘘の内容を記載する事ですがこれは発覚し次第無条件で不合格となります。キャッシングの審査はそもそも「お金を貸す相手がちゃんとお金を返してくれるかどうか」審査するわけですから、そんな申込み情報に嘘を書くような人間にお金は貸せません。また意外とありがちなのは誤字や脱字、勘違いによる不本意な誤った情報の記載です。例え誤った情報が不本意のものであっても残念ながら金融機関側にはそれを判断することができない為、このような場合でも故意に誤った情報を記入した場合と同等の処置、つまり無条件不合格となってしまいます。申込みフォームの記載にはどれだけ急いでいる場合でも細心の注意を払うようにしましょう。特に電話番号は本人確認や在籍確認で利用されるため、ここを誤って記入してしまうと「本人確認(在籍確認)ができない」ことから万に一つも通過する可能性が無くなってしまいます。

また既に他所で融資を受けている方の場合「今現在の借入先数」と「借入総額」にも注意が必要です。会社や商品によって多少の差はありますが一般のユーザーが利用できる金融機関の数は最大4社であり、現在4社以上の会社から融資を受けている方は審査を通過することができません。また同時に3社以上の会社に申し込んだ場合も同様に審査落ちする可能性があります。短期間(具体的には1ヶ月以内)に3社以上申し込んでいる人は「何らかの特殊な事情でかなりお金に早急に困っている人」と見なされ多くの会社が貸す事を敬遠してしまいます。なお借入総額が年収の1/3を超えている場合も同様に審査を通過することができません。これは「総量規正法」と呼ばれる「金融機関は利用者年数の1/3を超える融資を行ってはならない」とする貸金業法が背景にあり、既に年収の1/3以上の額を借りている人にお金を貸すと金融機関側が法律違反となってしまうためです。 審査の禁則事項に注意

あとはこれは自分ではどうしようもない部分ではあるのですが信用情報に事故記録のある人は審査に通過することができません。キャッシングを利用するにあたりあなたの信用情報が信用機関に照会される事は避けて通れませんが、そのときあなたに債務整理や自己破産といった事故記録があればクレジットカードが作れなかったり住宅ローンが組めなかったりと同様にキャッシングの利用もできません。また債務整理程ではなくてもクレジットカードや公共料金の支払い滞納や未払い記録がある場合審査に大きな悪影響を齎します。どうしてもキャッシングの審査に受からない場合、問い合わせることで自分の信用情報は自分でも照会できるので念のため確認してみるとよいかもしれません。

銀行と即日審査