契約完了後の手引き

即日審査キャッシングを申込み無事審査に受かったらあとはいよいよ融資を受けるだけです。また即日融資にも対応した商品なら契約完了した時点から融資を受けることが可能になります。契約完了後に融資を受ける方法は大きく分けて二種類、ひとつはインターネットや電話融資依頼を行い指定口座にお金を振り込んでもらう方法、そしてもうひとつはキャッシュカードを発行しATMや窓口で融資を受ける方法です。(>即日審査で素早くキャッシング)どちらの方法でも基本的には融資を受けることができますが「即日融資」を前提にした場合、それぞれに若干の差異と長短が存在するのでここでは簡単にその違いを紹介します。


即日審査と振込み依頼

まず前者のインターネットや電話からキャッシング業者に融資依頼を行う場合についてですか、こちらは融資依頼自体がインターネットや電話を利用する事から何時でもまた何処からでもできるのが強みです。また利用する消費者金融と提携する銀行の口座を振り込み先指定口座に設定していれば振込み依頼から10秒前後で指定口座にお金が振り込まれるス ピード感が魅力です。同じく電話やインターネットから振込み依頼をすれば済むタイプの用件でお金を借りる場合借り入れも支払いも全て現地に行かずに済むのでとてもお手軽です。ただし難点としては現金が実際に必要な場合は指定銀行口座からお金を引き出せるATMや窓口まで結局足を運ばなくてはならない点 です。また消費者金融と提携する銀行口座以外の口座を振り込み先指定口座に設定した場合、平日の15時過ぎや土日祝日にはお金を振り込んでもらえない点も ネックです。15時過ぎや土日の振込依頼はこの場合翌営業日の最短で処理が行われる事になる為即日審査や即日融資自体の意味がなくなってしまう可能性も少 なくありません。 電話で融資依頼

キャッシュカードを使ってお金を借りる場合

一方キャッシングのカードを使ってお金を借りるのであれば15時を過ぎていようと土日や祝日であってもお金を借りる事ができます。ただし無人契約機または窓口にキャッシュカードを取りに行かなくてはなりません。また郵送でカードを受け取る事もできるのですがやはり郵送では届くまでに何日かかかってしまうので即日審査や即日融資の意味がなくなってしまいます。銀行ATMに比べるとやはり無人契約機の数は少なく取りに良くのが多少手間という難点もあります。ただ簡単に立ち寄れる無人契約機の場所を知っているのであればどうしてもその日のうちに融資を受ける必要があるのであればこちらの方法のほうが確実といえます。契約が完了していればどのキャッシング商品でも基本的には両方の手段で融資を受けることが可能なのでその時々のシチュエーションにあわせて使い分けていくと良いでしょう。