即日審査と申し込み前準備

申し込んだその日のうちに審査結果を発表、審査時間は最短30分をうたう即日審査ですがその最短速度を出す為にはキャッシング会社側の申込み状況はもちろん申し込む側の準備も不可欠です。(>即日審査で素早くキャッシング)例え30分で審査が終わってもこちらが申し込みで間誤付いては結果的に申し込みから審査終了までにかかる時間が1時間にも2時間にもなり得ます。そこでここでは申し込む前に利用者側がしておく事の出来る準備について紹介します。


即日審査申込に必要となる情報

キャッシングの申込みでは名前や生年月日といった誰でも簡単に答えられる情報から、普段はあまり意識していないちょっと記憶の引き出しが開き辛い情報まで必要になる場合があります。申込みに必要な情報はどの金融機関でもそれほど大差はないのでここで簡単に紹介しておきます。相当できない項目があった場合事前に調べておくことでスムーズかつ円滑な申込みが可能になります。 審査に挑むぞ

まず申込みではお客様情報して「氏名」「生年月日」「既婚or未婚」「メールアドレス」等が必要になります。このあたりに関しては然程苦労せず記入する事が出来るとは思いますが、申込み用にメールアドレスをひとつ作っておくと何かとよいかもしれません。次に「住所」「電話番号」「借家or持家」場合によっては「家賃や住宅ローン情報」が必要となります。出先では案外住宅ローン情報等が思い出し辛いこともあるので申込みの際には控えておくとよいでしょう。また連絡先情報は通じないとそれだけで審査に落ちる可能性があるのでちゃんと使える電話番号を用意しておきましょう。次に「勤務先名」「勤務先住所」「雇用形態」「会社規模(従業員数)」「収入」「保険証種類」といった勤務先情報はある程度詳細に必要です、こちらも自信がなければ事前にある程度調べて手元においておくとよいでしょう。最後に「現在の借り入れ先数」「借り入れ総額」場合によっては「クレジットカードの利用状況」などを記入すれば申込みは一通り完了です。


準備しておく書類

またキャッシングの申込みフォームを送信した後仮審査から本審査に移行すれば別途必要な書類が出てきます。まずキャッシングの利用には本人確認書類(保険証、運転免許証、パスポート他)が必要になってきます。また収入証明(源泉徴収や給与明細他)が必要にある場合もありますが、希望融資額が少なければこちらの収入証明は不要の場合もあります。これら書類は基本的に写しをFAXで送信する形になるのですが、最近ではスキャンデータやこれら書類を写真で撮ったデータをメールに添付して送信、あるいは金融機関側が指定する方法でアップロードする事で提出したことになるようです。郵送これらの書類を送る事も可能ですが、どうしても郵送だと金融機関側に届くまでに時間がかかってくる為即日審査の強みが生かされません。

審査で気をつける事