利息は優先するべきか

キャッシングを利用する人すべてに悩みといえば「利息」そしてその利息量に影響する「金利」です。キャッシングを利用するような事態に陥ったのは自分の落ち度による部分も多少あるとはいえやはり人間借りた額と同額程度の返済で済むならそうしたいと思うもの。一方で即日審査に対応したキャッシングというのは消費者金融が多く、銀行等他の金融機関と比べれば金利が少し高めの印象があります。(>即日審査で素早くキャッシング)お金は期日に間に合わなければ意味がないので「背に腹は代えられない」と考え利用している人も多いといいますが、では実際金利が高めの消費者金融と金利が低めの銀行でお金を借りた場合その利息量にどの程度差が出るのか検証してみましょう。


銀行と消費者金融の利息を比べてみる

まずあるところに即日審査に対応した最高金利18%の消費者金融Aと、最高金利14$という低金利で貸付を行っている銀行Aがあったとします。消費者金融 Aで10万円の融資を受けた場合100,000×0.18で年利が18,000円になります。年利が18,000円という事はざっくりした計算ではありま すが、一年で完済する場合の毎月の返済額は凡そ9,800円、利息は毎月1,500円ということ になります。一方銀行Aで同じく10万円の融資を受けた場合100,000×0.14で年利は14,000円になります。年利が14,000円ということ はこちらも単純計算ではありますが、一年で完済する場合の毎月の返済額は凡そ9,500円になります。消費者金融Aと比較した場合毎月の返済額はだいたい 300円弱少ない計算です。また毎月の返済額のうち利息は1,166円、消費者金融より毎月の利息は334円少なくなる計算です。 計算してみましょう

即日審査と金利のどちらを優先するべきか

上記の事から金利18%の消費者金融Aと金利14%の銀行Aでは毎月の利息が334円違うことが判明しました。では即日審査に対応した消費者金融Aと毎月の利息が334円安いが審査に1週間かかる銀行Aとあなたはどちらのキャッシングを利用しますか?正直こればかりは個人差があるのですが、私個人の意見としては金利4%はそれほど大きな差ではないと考えます。もちろん両方即日審査に対応しているのであれば金利は安いに越したことはありませんが、お金を借りようと思った時点で既に即日審査でしか期日に間に合わないタイミングだったとして334円は十分に妥協できる差額であると考えます。但し借入額が大きくなってくる場合10万円の時点ではわずかな差でも額次第では大きな差になってくるので注意は必要です。借入額が大きくなるにつれて基本的には金利の%によって受ける影響も大きくなります。逆に10万円より少ない額の融資を受けるのであれば差額は334円よりさらに少なくなります。借入額が少ない場合は安心して即日審査に対応した消費者金融を利用してよいでしょう。

契約完了後の手引き